砂時計の影響要因
- Apr 19, 2018 -

砂時計に影響を及ぼす要因には、フィラーの量、ガラス球の内壁の形状(砂時計のタイミング長さは少し設定され反転されている)、ネックパイプの幅、充填剤。 最古の砂時計には大理石粉砕粉、鉄粉、卵殻粉が使用されていました。 現代の砂時計は、典型的に人工的に製造されたガラスビーズを使用する。 ドイツの砂時計メーカーKOCHの文書によると、30分の砂時計誤差は1分以内に制御でき、1時間の砂時計誤差は約5分です。 注:現代の計時器の精度と比較できるタイミング計器ではありません。


Related Products